イメージ
ロゴ

トップページ
ごあいさつ
こだわり
ライン
商品一覧
しろえびの商品
かき餅
詰め合わせ
杵搗き餅
乾餅
新湊特別物産品
お茶菓子
ご注文フォーム
ライン
会社概要
送料について
お問合せ
ご注文の流れ
個人情報の取扱
主な販売店様
アクセスマップ
近隣のご紹介


近隣のご紹介
ライン

近隣マップをご参照ください。

内川
●内川
旧新湊市内中心部を流れる内川は、古くから舟運河として人々の生活に深い関わりを持ってきました。春は桜並木が、冬には銀色に輝く雪景色が川面に映り、情緒豊かな風情を見せてくれます。
新湊漁港
●新湊漁港
新湊漁港は富山湾の中心部、最も奥深いところに位置しています。そのため、回遊魚も多く集まります。また、庄川・小矢部川の2大河川の河口部に位置し、地元では『あいがめ』と呼ばれている海谷も発達しているため、深海性の魚介類も多く、四季を通して多くの魚介類に恵まれた好漁場です。写真はベニズワイガニの初競り。
放生津八幡宮
●放生津八幡宮
歴史は古く、万葉の歌人「大伴家持」が奈呉八幡宮として創建したものと伝えられています。当時から辺りの海は奈呉の浦の名勝地とされ、境内には家持の歌碑・芭蕉の句歌が建っています。
海王丸パーク
●海王丸パーク
海の貴婦人と呼ばれる帆船海王丸を中心に広がる海王丸パークは、人々が集い、学び、憩う、素敵なベイエリアです。
【乗船料金】
大人  400円
小・中 200円
【開館時間】 9:30〜17:00
【休館日】 月曜・祝日の翌日
道の駅カモンパーク新湊
●道の駅カモンパーク新湊
ドライバーの休憩施設としてだけでなく、地域の文化や歴史、特産物や観光スポットに関する情報を提供しています。レストランや食堂、お土産もありますよ。
新湊市博物館
●新湊市博物館
江戸時代後期、旧新湊市に生まれ、伊能忠敬と並ぶ日本有数も測量学者である石黒信由の和算、測量術に関する資料(国の重要文化財)を展示しています。
【料金】
大人 300円
小・中・65歳以上・障害のある方150円
【開館時間】 9:30〜17:00
【休館日】 火曜・祝日の翌日

新湊獅子舞祭り
●新湊獅子舞祭り
毎年5月15日、旧新湊地区で「獅子舞祭り」が行われます。旧新湊地区には獅子舞が40余りもあり、殆どどこの町内へ行っても見物することができます。
形態は長い胴幕の中に6、7人が入る「百足獅子」。曲目も舞も多様性に富んでおり、テンポの良いリズムとすばやい演舞は観る者を飽きさせません。なかでも圧巻は目出度花(めでたはな:「めでたいことがあり御祝儀を打つ」の意)の家で舞われる「獅子殺し」です。「獅子殺し」は物語になっており、獅子、大天狗、小天狗、キリコ(お化粧をして花笠をかぶったかわいらしい子ども)達が全員参加し、松明を使ったそれはそれはハデな舞です。
写真は松明を使った「獅子殺し」の一幕。

新湊曵山祭り
●新湊曵山祭り
毎年10月1日に放生津八幡宮の曵山祭りが執り行われます。朝、13本の曵山が八幡宮の前に集まり、そこで御祓いを受けた後、曵山の巡行がはじまります。
昼は花がさを飾る「花山」、夜は曵山を囲うように提灯を飾った「提灯山」が、豪華絢爛に、または勇壮に市内を練り歩く様は、観る者を魅了します。
見どころはなんと言っても曲り角です。優雅なお囃子はテンポの早い勇壮な曲にかわり、曵子たちは「イヤサー!イヤサー!!」という掛け声とともに渾身の力をこめて曵山をまわします。重い曵山をいかに上手く操るかが勝負になり、各町の曵子たちはここぞとばかり気合いを入れ上手さを競い合います。
港町らしい熱気あふれる曳きまわしは夜中の12時ごろまで続けられます。
写真は橋上の提灯山。

新湊大橋
●新湊大橋
新湊大橋は2012年9月23日に開通しました。
最も高い地点は約50mで、橋から望む景色は絶景です。
斜張橋としては日本海側最大で、総延長は約3.6km、海上に架かる主橋梁部は600m、橋を支える東西主塔の高さは127mあります。橋は2本の主塔から伸びる72本のケーブルで支えられています。

近隣マップをご参照ください。

ライン

▲このページのトップへ

Copyright(C) Since 2004 Yoneda Co.,Ltd All Rights Reserved.
 
株式会社 米田
〒934-0052 富山県射水市松木385番地
Tel:
0766-84-2481
Fax:
0766-82-6380
mail:
info@b-yoneda.com